激安修理店で修理した結果…Xperia 10 IIの画面不良修理を承りました!

Androidの中でも人気の高いXperiaシリーズ。

そんなXperiaのミドルレンジモデルである「Xperia 10 II」の画面交換修理を承りました。

症状は、画面が映らなくなってしまったとのこと。

着信音やバイブの音はなっているため、画面交換で復旧できそうです。

バックパネルの取り外し

Xperia 10 IIを含む多くのAndroid端末はバックパネルから分解をします。

バッテリー交換時に画面を破損するリスクがない反面、画面交換には手間がかかります。

ある程度温まったら、バキュームリフターとカードを使い接着を剥がしていきます。

無事にバックパネルが取り外せました。

どうやら別の修理店での修理経験があるようです。

専用の防水シールではなく、汎用の両面テープでバックパネルが固定されていました。

そのため、かなり容易にバックパネルが取り外せてしまいました。

画面の仮付け

画面を仮付すると、無事に起動が確認できました。

タッチや表示も問題なさそうです。

画面の取り外し

画面もバックパネルと同様の手順で取り外します。

加熱後、バキュームリフターとプラスチックのヘラを使い剥がしていきます。

ココも、通常であればかなり接着が固く苦労するポイント。

しかしながら、サクサクと画面が外れてしまいます。

案の定、画面も汎用テープで固定されていました。

固定力を上げるためか、放熱用のグラファイトシートにまで両面テープが貼られていました…

専用のステッカーで接着

勿論、当店でも汎用の接着剤を使うことがあります。

しかしながら、それは専用のステッカーが入手できないときのみです。

基本的には、機種専用にプレカットされたステッカーを使いパーツを固定します。

こうすることで、防水機能を維持できる他、修理後のパネル浮きリスクも下がります。

もちろん、バックパネル固定も専用ステッカーです。

修理の詳細

機種 Xperia 10 II
症状 画面表示不良
修理メニュー フロントパネル交換修理
料金 料金表ページはコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました